のりくつ@FC2

1000枚目のチラシの裏

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

( ゚д゚ )

【EU発!Breaking News】「ドイツで最も危険な女」謎の女シリアルキラーとは?

未だまだ逮捕されていない、ドイツの女性シリアルキラーは、
1993年以来南ドイツとオーストラリアを股にかけ、現在までで40箇所の別々の場所で犯行をおかしているという。

ドイツ警察は、木曜にDNA鑑定の結果から、このことを証明した。

この女性シリアルキラーは、1993年より殺人や強盗の犯行を犯し続けているが、いまだ何の消息も掴めていない。メ
ディアには、このシリアルキラーは「ハイルブロンの幻」、「ドイツで最も危険な女性」と名付けられている。

彼女の犠牲者達は、年配女性や、フライブルグで絞め殺された年金受給者、そして勤務中に撃たれた22歳の婦人警官などがいる。

警察は、この女性シリアルキラーの捜索に、最高で30ユーロ(現在のレートで約4千万円)を出すとして、いかなる情報も提供して欲しいと人々に訴えている。






凶悪犯の正体、実は綿棒=DNA汚染で捜査混乱-独

独警察当局を翻弄(ほんろう)し続けた凶悪犯の正体が、捜査で使用された綿棒のDNA汚染だったことがこのほど判明した。
捜査のあまりのずさんさに「戦後の独警察の歴史で最もお粗末」(独有力紙フランクフルター・アルゲマイネ)との声も上がっている。
独南西部バーデン・ビュルテンベルク州刑事局や同国メディアによると、2007年に同州ハイルブロンで女性警察官が殺害された事件を含め、
オーストリアなど隣国にも及ぶ計40件のさまざまな犯罪現場から同一女性のDNAが検出され、「ハイルブロンの怪人」と呼ばれていた。
ところが今年2月以降、少年らが窃盗目的で学校に侵入した事件からもこの女性のDNAが検出されるなど、明らかにつじつまの合わない
ケースが続出。当局が改めて調査した結果、問題のDNAが、綿棒を納入していた業者の女性従業員のものであることが、27日明らかになった。 




4 いなづま(コネチカット州) [] Date:2009/03/30(月) 15:11:58.57
警察「綿棒くない」

| ナゾ | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://norikutsu.blog101.fc2.com/tb.php/898-07431826

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。