のりくつ@FC2

1000枚目のチラシの裏

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈落の城

正月休みにひたすらあそんだのがコレ。

奈落の城 一柳和、2度目の受難(「奈落の城ドラマCD 一柳和、混迷の序章」同梱)奈落の城 一柳和、2度目の受難(「奈落の城ドラマCD 一柳和、混迷の序章」同梱)
(2008/03/06)
PlayStation2

商品詳細を見る


前作、「雨格子の館 」をやったのもちょうど1年前の正月休み。
ギャルゲでも、DSやWiiでギミック増やしたりとかいうのでもない、まっとうなADVを作りこんでる感じが良くて今回も購入。

・・・腐女子臭がしてしまうキャラクタのつくりなんですがね・・・

で、中身はかなり難解。
前作もそうだったが、相変わらず情報量は鬼のように多い上に無駄情報だらけ。
暗号やパズルも考えて一発で解けるようなモノじゃない。
昔と違って今はネットで情報が錯綜してしまうので、その分「どうせバレちゃうんだから」と余計にムヅカシクしてるんじゃねぇか?

実際、最後は攻略wiki頼ってましたよ、ええ(ノ∀`)

前作とはシステムそのものが違い、今回は同じ話の上を最低3周しないとおわらない仕組みになっています。1周目・2週目でそれぞれ小さい事件を解決しながら、3周目ではそれを踏まえたうえで最後を謎を解く、というつくり。

・・・なにかに似てる・・・
と、ずっと思っていたんだが、「ひぐらしの鳴く頃に」だな。
同じ時間軸の上を何周か回って謎を解く、というところが似てる。こっちは選択肢あるけど。
選択肢がやたら多くて情報量も多いだけに、終わってみるとストーリーとしてはやや散漫かな、と思う。その分、キャラクタへの印象がものすごく濃く感じられる。(教授とかイザークとか)

でまぁ。

そりゃまぁ、この手の事件の終わりの最良は当然、“誰も死なない”だろうとは思うんだけれども。
だからって犯人の最終的な罪状が“器物損壊”(ネタバレにつき要反転)ってどうよ?

おもしろかったけどさ。
ADV好きならわりとおすすめ。

| レヴュー | 16:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://norikutsu.blog101.fc2.com/tb.php/869-562563ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。