のりくつ@FC2

1000枚目のチラシの裏

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“@”←こんな感じ?

目薬αで殺菌します (講談社ノベルス モF- 43)目薬αで殺菌します (講談社ノベルス モF- 43)
(2008/09/05)
森 博嗣

商品詳細を見る

実は、『イナイ×イナイ』とか「『スカイ・クロラ』、押井守監督で映画化!」とかで何故かガックリきちゃって、森博嗣作品を1年くらい読んでなかったんですよ。

Gシリーズが『ηなのに夢のよう』で一旦終わりになり、Xシリーズで別のベクトルに向かい、このままダラダラとこの世界の話を書き続けることになるのかなー、と思ったら、なんとなくついていく気にならなくなって・・・

で、一年たって。

書店で偶然『目薬α』を発見(情報すら拾ってなかった)、どうしようかと30秒悩んだが、Gシリーズ自体は嫌いじゃなかったし、あの話の後なら、もう一冊試してみてもいいかな、という気になり結局購入。

でだ。

一応なにがしかの事件は起るが、事件そのものはどうでもよくて、事件そのものを巡る様々な事由だけが、登場人物のまわりでゆっくり進行する
という不思議コンセプトは今回も健在。
これまでのシリーズだと、大本の謎の外縁で起る小さな事件を扱いつつ、じわっと遠巻きに回っているだけ、という展開だったのが、再開した今回では、ようやく謎そのものに向かってじわっと動き出します。
登場人物たちも、その素性というか物語上の役割にようやっと自覚的になりはじめた、というかなんというか。

いったいあと何冊だしてまとめる気なんでしょうね?

再開前のタイトルが、全てタイトルの先頭にギリシャ文字を配していたのに、今作が2字落としてギリシャ文字を配しているのも、意図的にそうしてる気がします。(次の作品であっさり先頭に戻ってたりしてな)

今作そのものは、はっきり前に進んだ感がある所為か面白かったです。
でも正直、
ああ、単に内側の層に進んだのかな。このレベルでの円を、またとりあえず1周するのかな
という気がしないでもないですが、もうちょっとつきあって見るべか。

だれかさんと違って執筆スピードが早いのが救いだ。

| レヴュー | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://norikutsu.blog101.fc2.com/tb.php/810-97e719c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。