のりくつ@FC2

1000枚目のチラシの裏

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

|ω・`)ノ←どこかの空港を借り切って作ったんだと思ってた人

ターミナル DTSスペシャル・エディション

ターミナル DTSスペシャル・エディション





レンタルでの回転が良すぎて、なかなか見ることが出来なかった映画。

先日、ようやく空いてるの発見してみてました。



―東欧のクラコウジア(本作のために設定された架空の国)からニューヨークを訪れた旅行者ビクター(トム・ハンクス)が、母国の突然のクーデターにより“無国籍”状態になってしまう。アメリカへの入国許可が下りないまま、彼は空港のターミナルで9ヶ月間も過ごすことに―
Amazon様解説より




そりゃまぁ、よくまとまってるし、それぞれの場面で笑えたり泣けたり怒ったりできるようなハナシがたくさんはまっていて、よくできてる面白い映画だとは思うよ?思うけどさ。



主人公をアメリカへと突き動かしてた理由・・・

・・・

・・

( ゚Д゚)ハァ?



・・・そういやアメリカ人って、なんでかずっと待ってる話大好きだよね・・・



ってか、ひょっとしてJAZZ好きじゃないとわからない、独特のナニカがこの映画にあるのではなかろうか?←タブン、深読みしすぎてる悪い例



ある種の寓話として割り切ってしまえば、ハナシの面白さとテンポのよさ、くわえて最早トム・ハンクスの“芸”ともいえる稚気あふれるキャラクターづくりもあって、ヒジョーに楽しい。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズもめんこいし。

スタンリー・トゥッチの憎々しさも名演。



でも、な~んか全体通じて感じる、物語そのものの空気の希薄さにはげしく戸惑う。

気になったら眠れないタイプには、激しくオススメできない。

| レヴュー | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://norikutsu.blog101.fc2.com/tb.php/658-87f654de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。