のりくつ@FC2

1000枚目のチラシの裏

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一番怖いのは優香(の叫び)

輪廻 プレミアム・エディション

輪廻 プレミアム・エディション





ジャパンホラーっていうんですか?

どっからどう線を引いてそう定義するのかわからんので、その言葉そのものにはなんとも言えないのだけれど。





ただ、『リング』あたりを契機に、邦画の中でも対世界を意識できる強力なジャンル、として一般的に意識されるようになったようですね。





で、この『輪廻』ですが。



呪怨』で知られる清水崇監督作品。

―昭和45年。群馬のホテルで、11人が殺された。幼い少女まで犠牲となる凄惨な事件。動機は不明。犯人も謎の死を遂げる―。

35年後、現代。全国で行方不明者が続発、不明者の共通点は、年齢が35歳以下ということだけ。姿を消した人々は35年前の被害者の生まれ変わりだというのか?そして姿を消した人々が、あのホテルに導かれる。

過去の事件は終わってないのか?衝撃のクライマックスが、待っている!!!


Amazon様より抜粋






脚本もまとまっていて悪くないし、映画そのものとしてのクォリティは高いと思う。

役者陣も派手すぎず、それなりにツボを押さえていていい感じ。

主人公の優香なんて、こんなこともできる人だったんだ、って見直しちゃうくらい。(優香の叫び声スゴスギ)

DVDだけでしか感じられないのかもしれないが、音響効果がやたらいい味だしてて、その所為で驚かされた場面が数ヶ所。

画面のつくりもまとまっていて見やすく・・・





でも。

なんか凝縮されすぎちゃってる?





なんかもう、最初っから最後まで力の入れ方が一定というか。

顕著なのが主役の優香で、最初20分くらいはニコニコ笑ってるシーンもあるのだけれど、あとはもうずーっと青い顔しっぱなし。

ホラー的な演出、という部分でも、観客に、

くるぞくるぞ・・・・

と思わせておいて、





ほぼ全部でおどかしにくるとは





どうなんだオイ・・・





正直、とうとう怖いとは感じられず。

ただ、随所に謎を残したままになっているので、続編もありかな?とは思う。もとのハナシとか設定自体は面白いんで、続編作ったらおもろいかなーとは思う。





個人的には、その場合は別の監督を希望しますがね。

| レヴュー | 04:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://norikutsu.blog101.fc2.com/tb.php/657-9abc4694

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。