のりくつ@FC2

1000枚目のチラシの裏

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こういうのを“白眉”というのか

ユージュアル・サスペクツ

ユージュアル・サスペクツ





アイデンティティーを見て、ここに感想文を書いたあと、Amazonのカスタマーレビューを読んでいて、割と引き合いに出されていた映画がふたつ。



ひとつはメメントで、もう一つがこのユージュアル・サスペクツ



気になって2つとも見ようとレンタル屋行ったら、メメントは貸し出し中。

で、まずはユージュアル・サスペクツを見ました。





これがもう、手放しで面白い。





ここのところ映画づいてて、しかもSAWアイデンティティーと続けざまにラストのキツイ作品を見てしまった所為か、ラストの返し方が若干弱く感じてしまった。



ところが見終わった後、数時間くらいしてから、

え、じゃああのシーンはナニ???

っていうのがポロポロでて来る。

しかも、見てる最中にも、オチの見当はある程度ついて見てるんだが、

じゃあ、このシーンは???え???

とにかく、もう一度見たくなること必至。



脚本も渋い。

過剰な部分をほとんど作らず・・・

個人的には、冒頭からケビン・スペーシーへの尋問が始まるまでのハナシのまわし方が、とにかくしびれた。

その性格上、ハナシそのものの中味には触れられないが(←最近そんな映画ばっかり見てるナ)、とにかく極めて完成度の高い映画。



最近よくある、“原作付”映画のクダラナサに萎えてる方に激しくオススメ。







おまけ:

KUBRICK ユージュアルサスペクツ

KUBRICK ユージュアルサスペクツ



| レヴュー | 04:16 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://norikutsu.blog101.fc2.com/tb.php/654-e3defd38

TRACKBACK

映画評「アイデンティティー」

舞台は安モーテル。そこに様々な事情を抱える旅行客が宿泊する。http://blog.with2.net/link.php?385960人気blogランキング

| | 2006/12/10 18:09 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。